アクリル

アクリル絵の具について簡単に説明いたします。  

アクリル絵の具ってどんな絵の具なの。




1歴史 ・扱いやすい水溶性のアクリル絵の具が発明されたのは1950年代
中ごろのアメリカです。


日本で使用されるようになったのは、1960年代の終盤からですから、
まだ数十年しかたっていない、水彩絵の具や油絵の具に比べると
歴史の新しい絵の具なのです。  



2特徴  ・アクリル絵の具は石油から作られたアクリル樹脂に顔料を混ぜたもので、
紙やキャンパスだけでなく、石や皮革、金属やガラス、布など
色々な物に描くことが出来ます。

(布にも描け、一度乾燥してしまえば、色落ちしませんから、
自分だけのオリジナルTシャツなども作ることがで出来ます。)


・アクリル絵の具ひとつで繊細な水彩画から重厚な油絵のようなタッチの
     絵まで描くことが出来ます。

     
     ・水で溶いて使用するのでとても扱いやすい絵の具です。

     
     ・油絵の具のように乾燥に時間がかかりませんから手早く制作することが
     出来ます。

(水彩絵の具と異なり、アクリル絵の具の場合は、パレットに絵の具を出したままにしておきますと
固まってしまい使用できなくなりますので注意が必要です。)
     
   
・因みにアクリル絵の具とアクリルガッシュとの違いは透明と不透明
      絵の具との違いですので用途により使い分けてください。





戻る

inserted by FC2 system