作品

「作品」と言われても、一体どんなものを描いたらいいのか悩む方も
いらっしゃるかもしれません。

しかし、作品をつくるのだからといってあまり
難しく考える事はありません。


これはゴッホの「タンギー爺さん」という作品ですがタンギー爺さんの人柄や
ゴッホとタンギー爺さんとの間柄がよく表現されていますね。


ゴッホ 「タンギー爺さん


そしてこれは、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」という作品ですが
その場の楽しい雰囲気が此方にも十分に伝わってきます。

ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」
 ルノワール 「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」



作品を作るという事は表現するという事です。

自分はこんな考えを持っている、というのであれば、

その考えを絵で表現して訴えるという事もよいですし。

美しい風景に感動したというのであれば、もちろんその事を絵にしてもよいのです。

それから楽しみや、嬉しさや、愛情表現、或いは、幻想の世界や空想の世界、等。

作品の題材はいくらでもありそうです。




ピカソの絵で有名な「ゲルニカ」という作品がありますが、ピカソは、この作品を

怒りと悲しみのエネルギーで、独裁者フランコとナチスの非道を世界に訴えるために

パリ万国博覧会のために僅か一ヶ月で完成させたといわれています。


ピカソとフランコが和解することは両者が生存している間は有りませんでしたが

ピカソの「ゲルニカ」という作品はその目的を達したのでした。  
  

ゲルニカというのはピカソの故郷であるスペインのバスク州にある小都市の地名ですが

スペイン内戦により史上初めての無差別空爆により多数の一般市民が犠牲になったことでも

有名です。


戻る

inserted by FC2 system