身近なモチーフ

絵の題材というと、それこそ絵のような美しい風景とかを考えがちですが、
けっしてそのような物ばかりでなくてもよいのです。

この絵は、ゴッホの「ファンゴッホの椅子」という作品ですが
部屋の中にある身近な何処にでもあるような椅子がモチーフに成っています。

いざ、絵を描こうと思った時。
あまりにも身近に有りすぎるものだと、果たしてこんなものが
絵の題材に成るのだろうかと考えがちですが。

このゴッホの絵は、
たとえ身近にあるつまらないものでも、あらゆるものが絵の題材として
成立することを証明しているのです。



ゴッホ「ファンゴッホの椅子」

ゴッホ「ファンゴッホの椅子」

椅子の上にあるのは、ゴッホが愛用していたパイプだそうです。


日本を愛したゴッホ


戻る

inserted by FC2 system